ミノキシジルなどの医薬品は耐性がついて効かなくなる可能性がある

ミノキシジルはAGA対策で最も推奨される医薬品、
ということはあなたもご存知かと思います。

血行を促進するだけでなく髪の成長に関わる
タンパク質を増やすという他の薬にはない特徴があり、
今や世界中で使われている薬です。

効能が証明されているということで
数ある薄毛対策の中で信頼度も半端無く高いですが、
だからといって必ず髪が生えるわけではありません。

それは体質による個人差だけではなく
薬特有の問題が絡んでいる可能性が高いです。

薬というものは基本的に耐性が起こる性質があります。

耐性とは簡単にいうと体が薬に慣れてきて
次第に効果が出にくくなったり効かなくなるということです。

たとえば違法薬物の常習者はいままで使っていた量では
満足いかなくなりだんだん投与量を増やすようになる、
という話を聞いたことがあるでしょうか?

他にも精神病に使われる薬などでも起こることが有名です。

あと耐性は薬によってメカニズムが多少異なる性質があります。

そのためこの薬に耐性は認められていないとか言われても
まだはっきりとわかっていない可能性が高いです。

ミノキシジルも一般的には耐性は認められてないと
言われている薬の一つですがそれは耐性がない、
という意味ではないということですね。

実際に使い始めた当初はコシが出てきたとか
抜け毛が減りはしたがその後しばらくすると
回復が右肩上がりになるどころか徐々にまた薄毛が進行してきた・・・


などと実感する人がとても多いのです。

あなたも現在、生え際の薄毛対策として
なんかしらのミノキシジル育毛剤をつかってると思います。

そして産毛が生えたと喜んだはいいものの、
それから産毛が太く成長することがなく、
どうすればいいのかすごく困ってないでしょうか?

育毛は時間がかかるので継続することが大事である
というのが絶対的な法則みたいに言われています。

たしかにそれはそれで正しくはあるのですが、
耐性が生じてしまった場合はあまり効果的な
対策にならない可能性があるのです。

それを防ぐためには塗布する周期を
毎日から2~3日に1回は休みを入れるみたいに
変えてみるといいでしょう。


どのような周期がいいかは明確にはわからないので
あなたの体の状態と相談するという感じになります。

そして本当の問題は耐性以外のところにあります。

あなたが生え際の後退で悩んでいるのなら
特に注意してほしいことなのですが、
生え際の場合はそもそも血管が少なく
血流がものすごく悪いので髪が育ちにくいのです。

男性ホルモンの量も多い場所なので
そう簡単に髪は太く成長してくれません。

巷ではミノキシジルは生え際に効かないと言われますが、
それは正確に言うと非常に効きにくいということです。

ただでさえそんな特徴があるにも関わらず
耐性や副作用のリスクがあるミノキシジルという薬に
1から10まで依存するのは最良の対策とはいえません。

さらに付け加えるとミノキシジルといえど
髪が育つのは時間がかかるので即効性は出ません。


それで結局治し方がわからず不安だけが増えていく・・・
という事態に陥りがちなんです。

よってヘアサイクルを急激に変化させて
いきなり髪を長く伸ばすことはできませんが
髪の体積を短期間で増幅させることは可能です。

つまり産毛を太くして育毛効果をいち早く実感して
前向きに取り組みやすくするということです。

それを実現させるには成分選定が欠かせません