ミノタブを飲んでも生え際の産毛が成長してくれないのは何故か

生え際が後退するのは男性ホルモンのテストステロンが
一部の酵素によってDHTに変化したものが原因です。

進行が始まるのは人それぞれ時期が異なりますが、
若い内から始まってしまう人は遺伝的に
DHTの影響を受けやすい体質ということがわかってます。

しかし最近は薬があることで遺伝は変えられませんが
対向することができるようになったので
あなたもいろいろ利用していると思います。

ミノタブもその1つに数えられています。

ミノキシジルは本来塗布タイプが主流ですが
個人輸入を利用すれば内服タイプも購入することができ、
多くの方が利用なされています。

ミノキシジルタブレットは体への負担が大きいと
懸念される欠点がありますがその分効果が強いとされ、
巷では最強の方法と言われることもあります。

実際にミノタブを駆使して髪を生やす人は多いので
それに触発されて試す人もかなり多いのではないかと思われます。

ただ、それでも生え際の髪が劇的に復活した、
という話はあまり聞かれません。


それどころか産毛は生えてもなかなか太くならず、
ひどくなると現状維持すらできない、という声も聞こえてきます。

ミノキシジル自体は男性ホルモンの抑制には
関与していないのでそれだけ使用してるのであれば
事態が進展しないのは明らかなのですが、

プロペシアなどのフィナステリド錠と併用する方法が
すでに広く知られているのでミノタブだけで
対策している人はそんなにいないと思われます。

あなたもミノタブの他にプロペシアとかフィンペシアとか、
サプリなどもいろいろ飲んでると思いますが、
それでも生え際の産毛が成長してくれず困ってませんか?


まず生え際(特にM字部分)は血管そのものが少なく
男性ホルモンの影響力が最も強い箇所なので
どんな対策を駆使しても時間はそれなりにかかります。

対策の仕方や生活環境・習慣でも変わってくるので
一概には言えませんがしっかり改善させるには
少なくとも1年は見積もっておいたほうがいいです。

それほど生え際のAGAというのはやっかいなものなのです。

あとミノタブは確かに強力ではあるかもしれないですが、
飲み薬であるため成分が体中を巡ってしまうので
ピンポイントで対処したい時は不向きだったりします。

体中を巡るから外用剤タイプとは違って
頭部以外の体毛が濃くなる副作用が出やすいんです。

ということで生え際の産毛をいち早く太くしたいのなら
直接的な対策を取り入れることが大事になります。

要は育毛剤のことですね。

ただそこで注意してほしいのが育毛剤の種類です。

あなたは現在なんかしらの育毛剤も併用してると思いますが
それにはどんな成分が含まれてるでしょうか?

個人輸入をされているのなら海外製のものを
使っているかもしれませんが、外国の育毛剤は
ミノキシジル濃度が高かったりアルコール分が高かったりして
リスクが大きくなる傾向があります。

刺激性が強く皮膚炎を起こしやすいことや、
ミノキシジル濃度が高すぎることで副作用のリスクが上がり、
皮膚表面で固まって浸透を妨げることにもなる恐れがあります。

そして何よりミノキシジルは細胞そのものを
直接働きかける性質がないのでいくら使っても
回復が早まることはありません。

よって理想は副作用がないうえに
髪の細胞そのもののエネルギーを増やして
通常ではありえないほどの短期間で髪を太くするという
あまり一般的には知られていない成分になります。


⇒その成分が入った育毛剤についてはトップで説明します