m字はげを薬を使わずに対策する方法|副作用なく毛成長を促す!

AGAは薬を使って治すものであると、
世間一般では広く認知されてきています。

特にm字はげは男性ホルモンの影響が強いので
薬を使うことは必須だといえます。


ところがそれでも治らない人がすごく多いのです。

いえ、おそらく大半の人が改善できていないはずです。



薬は一般的に最強の対策と言われたりもしますが、
それはかなり言いすぎな表現です。

たしかに薬は効果がすぐに発揮されるよう作られてますが、
その代わりあまり起用なことはできません。

プロペシアだと薄毛を促進する男性ホルモンを
産生する酵素の抑制しか行うことができません。

それに飲み薬であるため
m字部分にだけ作用するわけではありません。

男性ホルモンの発生量も多い箇所ですので
なかなかうまく育毛に結びつけにくいのです。

それをカバーするためにミノキシジル外用剤を
塗布することが定番の育毛対策となっていますが、
それでもm字を改善させるに至らないケースがすごく多いです。

もともとm字部分は血管があまり多くないことに加え、
ミノキシジルは皮膚からの吸収性があまりよくなく、
濃度が高すぎるものだと固まって次の塗布時の邪魔になったり、
添加物やアルコール成分によってかぶれる恐れもあります。


そして薬というのは基本的に体に負担をかけるものなので
あまり長期的に使うのは思わぬ副作用をもたらす存在です。

あと薬には耐性という特有の問題があって、
次第に効き目が出にくくなるという欠点もあるのです。

このように薬には良い点以上に悪い点が目立つので
なかなかいい結果が出づらいと考えられるのです。

ではm字はげを改善させるにはどうしたらいいかですが、
答えは薬以外のところにあります。

フィナステリド錠(プロペシアなどの錠剤こと)は
m字の進行を食い止めるために最も重要であり、
副作用のリスクも小さいので治るまで摂取するべきですが、
外用剤は薬以外のものがいいと思われます。

薬以外といったら天然成分しかないのですが、
注意してほしいのは中身になります。

最近はいろ~んな成分が配合された育毛剤が多いですよね。

中には何十種類も入れていかにも効きそうな感じで
宣伝しているものも見かける機会が多くなりましたが、
なんでもかんでも入れればいいというものではありません。

数が少なくても非常に高性能な成分でないと、
効果を実感することはおそらくほとんど無理だと思います。

髪はヘアサイクルというルールに従っていて、
細い髪がいきなり太くなることはありません。


太くなる前に一旦抜けて前回より少し成長出来る状態になり、
また抜けるという周期にしたがって成長します。

中途半端な天然成分をいくら配合したり、
いくら薬を使ったとしてもいきなり髪を太くするのは無理なので
気長に対策することが必要になるのです。

効果を早く実感したいのならその常識を打ち破るような
画期的な効能を有した成分が入った育毛剤が理想的なのです。


⇒巷ではほとんど知られてない常識破りの育毛剤